女性のヒゲ対処、抜くのが良い?

女性のヒゲ対処、抜くのが良い?

ヒゲが生えてきた時の対処方法として剃るタイプの方、
抜くタイプの方と、大きく分けて2つに分かれると
思いますが、どちらが正解なのか…?あるいはどういった人に
どちらの対処方法が向いているのでしょうか…?

 

 

◇剃る場合の良い点・悪い点

女性のヒゲ対処、抜くのが良い?

 

生えてきたヒゲを剃ってケアした場合、肌表面に出てきている
毛を剃るということですので、すぐにまた伸びてきてしまい
頻繁にヒゲを剃る必要があります。

 

敏感肌でなければ特に痛みもなく、お風呂に入ったついでに
剃るということもできるので、ヒゲのケアを簡単に済ませたい方に
向いています。

 

また、カミソリで剃ると目立っているヒゲだけでなく
うぶ毛も一緒に剃ることができるので、剃った後
化粧ノリが良くなるなどの嬉しいメリットがあります。

 

しかし長年剃り続けているとヒゲ自体が濃くなったり
太くなったりして、ケアがさらに必要になる可能性があります。

 

 

◇抜く場合の良い点・悪い点

女性のヒゲ対処、抜くのが良い?

 

ヒゲを毛抜きで抜いた場合、太い毛や真っ黒で目立っている毛は
毛抜きでつかまえやすく抜く際もしっかりと根元から抜くことが
できて、しばらく生えてこなくなったりするので
剃った場合よりも効果が長持ちしますし、上手に抜けると
生えてこなくなる場合もあります。

 

抜くときに皮膚をかんでしまったり、毛の方向に沿わずに抜いて
しまうと痛みが出るので注意が必要です。

 

毛抜きでヒゲを抜く場合は基本的に1本1本抜いていかなくては
ならないので、手間がかかりますしうぶ毛や細い毛はつかまえられずに
残ってしまいます。

 

濃く太い毛なら抜くのが良いかもしれませんね。
うぶ毛のように細かい毛が多くて目立つ方には
カミソリでのケアのほうが向いていそうです。

 

ヒゲの処理で剃る場合も抜く場合も、気にしなくてはいけないのが
肌への刺激や負担です。カミソリは刃物を肌にあてているわけですから
もちろん肌を傷つけてしまいます。毛抜きで抜いた際は毛穴が大きく開いて
しまいますので収斂作用のある化粧品などで毛穴を引き締めないと
毛穴が開いたところに汚れがたまりやすくなり肌へ負担を与えることになります。

 

自宅でのヒゲ処理で思いつくのは剃るか抜くかだけという方が
多いと思いますが、他にも自宅でできるヒゲ対策があります。
ローションやクリームといった化粧品でヒゲをケアする方法です。

 

ローションやクリームなら何でも良いということではなく
ヒゲ対策用のスキンケア化粧品が発売されていますので
これらを使って対策してみるのを選択肢にいれてみてはいかがでしょうか。

 

ヒゲ対策用の化粧品なら濃く太いヒゲにも
細かく細いうぶ毛にも効果があり肌への負担も気にせずに使うことができます。

 

使いかたは塗るだけと、とても簡単でカミソリで剃るよりも手間がかかりません。
ヒゲ対策化粧品を使って新しいヒゲのケアをぜひ試してみてくださいね。

 

 

【あなたにオススメ】濃い顔の産毛がさらに濃くなる前にクリームで

page top