女性のひげは遺伝する?濃くなる原因は?

女性のひげは遺伝する?濃くなる原因は?

女性のひげは遺伝する?濃くなる原因は?

 

「女性なのにひげが生えてきて恥ずかしい」
こんな人に言いにくい悩みを持っている女性はいませんか?

 

ひげといえば、男性に生えるもの。というイメージはありますが、女性のひげも様々な原因で生えてきてしまいます。
生活習慣によるホルモンの乱れはもちろん、実はそもそも遺伝が影響を与えている場合もあります。

 

今回は遺伝に関しての毛の悩みについて調べてみました!

 

 

親に似る?女性のひげの原因あれこれ

実際に両親、もしくは親のどちらかが毛が濃いと子供も濃くなる…というのはよく聞きますよね。
もちろん、親が濃くても子供は薄い、逆に親が普通なのに子供は濃い(ちなみに私はこのタイプで昔から悩まされました)などという例外も中にはあるわけですが…どれくらい影響を受けるものなのでしょうか?

 

体型などでもよく言われていることですが、遺伝というよりも、特に子供のころは家族と同じ食生活や生活環境なので親と同じようなホルモンバランスになっていて、親子共々毛の濃さが似る…という理由もあるのではないかという話も。

 

これだと少し納得ですね。

 

あとは母親の胎内にいるときの栄養バランスや、予定よりも早く生まれた子は毛が濃くなるという話もありますが、実際に事実かどうかは不明でした(><)

 

元々遺伝で決まる、同じ環境で育つのでホルモンバランスが似る、などで体毛が濃くなったり薄くなったりするのはわかりましたが、これは体だけではなくやはり顔、つまりひげにも影響は出るようです。

 

ひげに深刻に悩まされている女性なんかだと「遺伝のせいならどうすればいいの!」と私のように憤りたくなるかもしれませんが、少しずつ改善するための対処は出来ますのでご安心を!

 

 

女性のひげや体毛を薄くしたいときに出来ること

遺伝にしろ環境にしろ、ようするに体内の男性ホルモンの割合が多くなってたりすると、女性でも毛が濃くなってしまうわけですね。それを整えるために女性ホルモンでバランスをとってあげましょう。

 

しかし女性ホルモンは作り出される量などがある程度決まっているようなので、そこで女性ホルモンと似たような役目を果たし補ってくれる、イソフラボンなどが大活躍。
イソフラボンは大豆製品に含まれていることで有名ですね。

 

意識して食事に取り入れてみるように心がけましょう!

 

イソフラボンは食事などから体内に取り入れるほかに、色々な化粧品にも使われています。直接お顔や体に塗ることで、抑毛効果を期待できるものも多くあるので、余裕があればこちらも取り入れてみてください。

 

ちなみに私のおすすめは通販限定ですが、ノイスというお肌に優しい産毛ひげ用クリームです。気になる方は調べてみてくださいね^^

 

⇒女性のひげを薄くするクリームがあるって知ってましたか?

 

 

女性のひげの正しい対処方法は?

女性のひげに対処する方法っていろいろありますが、一番多く行われているのはカミソリでの処理です。カミソリはどこでも安く買えるし、使い方も簡単なので忙しい女性にもぴったりです。それに、毛抜きで毛を抜くよりも、肌にかかる負担が少なくて済むので、肌がたるんだり、トラブルを起こす可能性も低いので安心です。

 

でも、カミソリでひげを剃る時も、正しい方法で行わなければ、肌への負担が大きくなりトラブルを起こす原因になりかねません。ひげにきちんと対処するために、正しいひげ剃りの方法をご説明致します。

 

正しいひげの対処方法は、肌への対処もきちんと考えなければなりません。ですからひげを剃る時も、まずは化粧水や乳液で肌を整えることが大切です。時間があればスキンケアの前に、蒸しタオルなどで肌を温めておくと更に肌に負担が少なくなるし、ひげも剃りやすくなりますよ。お風呂上がりは全身が温まっていてベストなタイミングですが、浴室内でのひげ剃りはカミソリの刃が錆びつきやすくなるので、やめておきましょう。

 

スキンケアで肌の対処ができたら、ひげを剃っていきます。剃る方向は、ひげが生えている向きと同じ方向にしましょう。カミソリの切れが少しでも悪くなっていたり、刃が痛んでいたら新しいものに交換してください。

 

一本のカミソリをずっと使い続けているという女性もいますが、ひげが綺麗に剃れないばかりか、肌に大きな負担となってしまいます。これからカミソリを買う場合は、I字型の小さめのものを選ぶといいですよ。ひげだけでなく、顔全体の産毛を細かい部分まで剃ることができます。

 

ひげを剃り終わったら、もう一度しっかり化粧水や乳液で肌を保湿、保護しましょう。ひげ剃りの後のスキンケアをしたかしないかで、肌トラブルを起こす可能性はかなり変わってきます。ひげ剃り後の肌は特に敏感で傷つきやすいため、スキンケアを怠ると、ヒリヒリしたり、赤い湿疹ができたり、炎症を起こしてニキビになることもあります。また、肌から水分が抜けて乾燥肌を招き、小じわやシミになることもあるんです。ひげへの対処は、肌への対処も同時に行うことがいかに大事かが分かりますよね。

 

ひげ剃りの後は、肌が傷つきやすいだけではなく、スキンケアの美容成分が普段よりも浸透しやすい状態にもなっています。だから、きちんとスキンケアをしながらひげを剃れば、ひげ対処になるだけでなく、肌もみずみずしく綺麗なっていきますよ。

 

⇒女性のひげを薄くするクリームがあるって知ってましたか?

page top