食事で女性のひげを薄くする方法

食事で女性のひげを薄くする方法

顔にひげが生えてきてしまい恥ずかしい!
剃ってもすぐ生えてくるし、どうしよう…と悩んでいる女性はいませんか?
頻繁に剃り続けるのは面倒だし、肌に負担もかかってしまいますよね…。

 

そんな悩みから解放されるために、今回はひげやムダ毛を薄くする方法のひとつとして、必要な栄養、イソフラボンに関してまとめてみようと思います。

 

表面的な処理も大事ですが、体の中からホルモンバランスを整えてあげると無駄な毛が生えにくくなったりするので、ひげやムダ毛などを薄くする方法として、大事な栄養素のことも覚えておきましょう。
女性として今後のことを考えるなら、ホルモンを整えるとお肌の調子もよくなったり、良いことずくめですよ♪

 

 

1・女性ホルモンの代わりになる「イソフラボン」
女性ホルモンというのは、作り出される量がある程度決まっているため、ストレスや生活環境の乱れなどで減少してしまうと、男性ホルモンのほうが増えてしまったり、バランスが崩れてしまいます。
そこで女性ホルモンと似たような働きをしてくれる成分、「イソフラボン」が効果的なわけです。イソフラボンを摂取することで、女性ホルモンの代わりに女性らしい体や肌をつくる役目を果たしてくれます。
ひげなどが生えてしまうのは、体内の男性ホルモンの割合が大きくなっているのが理由なので、イソフラボンで女性ホルモン的な割合を補えば抑毛に有効といわれています。

 

2・イソフラボンを含む食材
ではそのイソフラボンですが、主に大豆製品に含まれています。
具体的には、納豆、豆腐、油揚げ、きなこ、豆乳などですね。
大豆イソフラボンの1日の摂取目安量は70〜75mgが目安といわれています。
これは一般的な豆腐や納豆なら1パック程度で摂取できる量なので、簡単に食事に取り入れることができます。(メーカーやサイズによって違いますのでご参考までに)
摂りすぎもまた、ホルモンのバランスが崩れてしまうので、極度の摂取は気を付けましょう。

 

3・おすすめの食べ方
大豆食品、特に豆乳などは適度ならいいのですが、過熱しすぎるとイソフラボンの成分が減少してしまう恐れもありますので、大豆製品に火を通すときには過熱しすぎないようにしましょう。
とはいっても、過度でなければ心配する必要はあまりないので、大豆を煮豆などにして食べるのもおすすめです。

 

4・肌に直接イソフラボンを使うなら
食材、食べ方についてまとめてみましたが、イソフラボンは化粧品にも含まれています。
もちろん抑毛効果も期待できますので、気になる方は大豆系の食事で改善を目指すと同時にこちらも使ってみるのもいいかもしれません。
色々な種類が売り出されていますので興味のある方は試しに検索してみてはいかがでしょう?

 

page top