ファンデのノリ

メイクがのらない原因は保湿不足

寒い冬の朝は、午前中はもちろんのこと午後からのメイクでもファンデーションのノリが良くないことが多いです。我が家では朝夕、冷え込みがちな気候であるために化粧水も冷却されたように冷え込み、肌に塗布するときもひんやりとします。

 

梅雨から夏にかけての朝はちょうど適温の化粧水ですが、秋から春までの期間は毎朝暖かいお湯で顔を洗うようにしていました。本来は、蒸しタオル(ホットタオル)で皮膚を温めて毛穴を開かせてから適温のローションを塗る方が化粧ノリがよくなります。

 

そもそも、肌と化粧品の温度が異なると肌に塗布しても馴染みにくく、下地やリキッドの油分が浮いてきます。日頃から乾燥肌で、皮膚の水分が少ないと朝その場で塗布した化粧水の水分だけではすぐに浸透することができません。

 

化粧水も下地もリキッドもパウダーもすべてが浮いてきてしまうのです。
毎朝これではメイクになりませんが、時間がないのでパウダーを濃くトントンと叩いて塗るという方法をとっています。いかに普段の保湿が大切かということです。

 

保湿が大切ですよ。と言われていますがまさに、チリもつもれば山となるようにサボっていたり、保湿量が足りていなければメイクの第一段階ローションでつまずいてしまうことになります。

 

 

化粧ノリ対策、小鼻のお手入れも保湿がポイント

ファンデのノリが悪い部位で気になるところは小鼻と鼻の頭です。小鼻の毛穴対策のために、市販のシートを愛用しているうちに小鼻の産毛までシートで剥がしてしまうということがありました。

 

毛穴を綺麗にするシートを使用後はローションパックで鎮静させてからメイクを始めるのですが、小鼻周辺の毛穴が空いて見えたりすることもあります。毛穴が詰まれば、黒ずみで盛り上がります。

 

小鼻のメイクは大変難しく、皮脂の分泌も多いので余計に汚れをつまらせてしまいます。そこで、小鼻にはとくにしっかりめの保湿を行うようにします。

 

自宅で簡単にできる小鼻の保湿は、コットンをローションでたっぷりと濡らしてからしばらく小鼻に置いて放置します。
エステサロンでもこのような方法で鎮静させるサロンもありますが、サロンなら冷却ジエルを使用して鎮静させることもできます。

 

まとめると、小鼻は誰もが皮脂の分泌が多くなる部位なのでこまめにお手入れを行うことが大切です。皮脂の汚れをとった後には毛穴の鎮静も行うこと。

 

汚れが落ちて引き締まって保湿された毛穴には、メイクノリはよくなります。特に女性の小鼻は綺麗にしておきたいものですよね。
吸引もしくは毛穴シートで汚れをとる、鎮静、保湿、メイクの手順です。

 

 

page top