顔脱毛のデメリット・・赤くなる時は?

顔脱毛のデメリット・・赤くなる時は?

顔脱毛のデメリット・・赤くなる時は?

 

最近増えてきている脱毛サロンや美容クリニックでの顔脱毛プランですが、顔脱毛のデメリットである肌トラブルが起こり得ることを知っておきましょう。

 

顔脱毛のデメリット・・顔脱毛で赤くなる理由

顔は他の体の部位と比べると皮膚がデリケートです。そのため脱毛によるダメージを受けやすく、赤みが出やすい部位なのです。顔脱毛のデメリットですね。

 

脱毛サロンでの光脱毛や美容クリニックでの医療レーザー脱毛でも肌への負担は避けられません。脱毛後の肌は日焼け後のような肌の状態です。日焼け後に肌が赤く炎症を起こすのと同じで顔脱毛後の肌も炎症を起こしてしまっているのです。

 

 

赤くなった時の対処法

脱毛後、肌が赤くなった時は@冷却A保湿が重要です。
@肌の炎症を抑えるためによく冷やすことが重要です。保冷剤をタオルなどで包んで冷やすと良いでしょう。
よく冷やすことで赤くなった部位が治まることだけでなく、脱毛による肌ダメージも軽減
できます。

 

A脱毛後の肌は乾燥気味で敏感な肌になっています。
保湿をしっかりすることで、肌が受けたダメージを軽減し肌を回復させることができます。
また、肌が敏感になっているので敏感肌用のローションや乳液を使用することをおススメします。

 

 

赤みが長引く時は

冷却と保湿をすると2、3日で赤みはひくものですが、それでも赤みが引かない場合は脱毛サロンへ相談することをおススメします。
1週間以上赤みが続いている場合やヒリヒリとした痛みを伴う場合、水ぶくれが出来てきた時はやけどをしている可能性があるので、ただちに施術した脱毛サロンや美容クリニックへ相談しましょう。

 

顔脱毛のデメリットが心配な人は産毛クリームで

このような肌が赤くなることが心配な方へおススメなのが「ノイス」という女性用産毛(ひげ)スキンケアクリームです。
顔脱毛のデメリット・・赤くなる時は?

 

自宅で朝晩クリームを塗るだけで産毛が目立たなくなり、化粧ノリが良くなる上肌トラブルも予防できる画期的なクリームです。
サロンに通う時間がなくても自宅で塗るだけで産毛をケアできるので続けやすく経済的です。

 

ノイスは、35種類もの天然由来成分で肌に安心して使用できる上、永年全額保証付きなので気軽にはじめることができます。

 

実際にノイスを使用してみられた方からは
「化粧ノリが良くなった」
「自己処理をすることを忘れてしまっていた」
「敏感肌でも安心して使用できる」
「エステでの脱毛よりも効果を実感できる」

 

などのお声が届いています。

 

脱毛サロンや美容クリニックでの顔脱毛や脱毛後の赤みが気になる方は、是非手軽で続けやすいノイスをおススメします。

 

⇒ノイスについてもっと知りたい方はこちらから