20代の女性ひげ事情と処理方法

20代の女性ひげ事情と処理方法

20代の女性ひげ事情と処理方法

 

20代の女性でもホルモンバランスが崩れている場合は、女性ホルモンが減り、ひげが生えてくることがあります。この年代の女性だとひげの処理方法も様々です。

 

10代のころからひげ対策をしてきた。ちゃんとしたひげの処理方法を自分で確立してきたという女性は、そのまま続けることができると思います。

 

それに加え、20代ともなると、経済的に楽になるとも生えますので、永久脱毛やエステサロンを選択する女性も出てくるのではないでしょうか?同じ女性でもひげの処理方法はいろいろですね。女性でもせっかくの20代なのに、ひげが生えていては本当にもったいないです。

 

将来の生活を左右する男性とめぐり合うかも知れませんよ。その時のためにも、毎日鏡をチェックして、隙のないひげ処理を行って欲しいと思います。

 

では、20代の女性のひげ処理方法はどうしたらいいのか?

 

正直、個人差があります。産毛程度で済んでいる人なら、メイクで隠しつつ、抑毛効果のあるスキンケアで、美肌を維持しつつ、ひげを薄くします。

 

こういったローションには女性ホルモンと同じ働きのある成分が入っていますので、ひげがなくなるというよりはひげそのもののが、細くなり、薄くなります。
だから、まったくなくなるということはないと思います。なぜなら、体は体毛が必要だから生やしているので、本来の産毛に戻るのでしょうか。

 

メイクで隠せないほどのひげが生えている女性で、カミソリではなく、顔専用の電気シェーバーで剃り、やはりこちらもスキンケアします。

 

もちろん抑毛効果のあるものが望ましいと思います。カミソリや電気シェーバーは、手軽でいいのですが、お肌に摩擦を与えます。この時、お肌はバリア機能がこわれてはがれる。もしくはメラニン生成を発動して色素沈着となってしまうこともあります。

 

せっかくひげが薄くなったり、剃ってなくなったりしても、そこの皮膚が色素沈着していれば、ひげは生えているも同然ですよね。だから、顔を剃る回数を減らすためにも、抑毛効果のあるスキンケアクリームやローションはかかせないと思います。

 

20代のお肌ならターンオーバーもちゃんとできていると思いますので、色素沈着の可能性はとても低くなりますよ。

 

それから、もうどうしても髭を剃っても跡が青くなったりする。もともと色白だから、産毛ぐらいひげは薄いのに、青く見える人は医療脱毛をおススメします。

 

色白の方は、毛根まで透けて見えるから、そこが青く見えたりするのです。だから、電気シェーバーで剃っても、跡が見えたりして、男性のようになります。もし青ひげ跡でお困りの女性がいたら、毛抜きで自分で処理をするのは状況を悪化させるだけですから、ぜひクリニックにカウンセリングを申し込んでください。

 

⇒女性の産毛用クリームがあるって知ってましたか?